不快にさせないアパレル系新人スタッフの教育の仕方

劇的に改善!あの新人スタッフが美しい対応を!

誰もが頷くアパレルのちょっと不愉快な対応について

無駄な語尾のび、過剰な敬語や聞いてもいない商品説明と、不愉快だといわれている接客は数多くあります。その中でも、アパレルに入った新人がやってしまう接客の特徴を紹介しています。 これらを抑えられるように学ぶことで、店舗の売り上げアップにもつながります。

おすすめリンク

便利な自動の英文校正ツール

自動の英文校正ツールの利便性を調査し、まとめておりますので、自動英文校正に興味のある方はご一読を

どうしてこんなにイライラさせるの?

お気に入りの服があるショップへ行くのは良いが、接客が苦手なのでネットショップで済ませている。そうおもっている方は多くいらっしゃいます。ではなぜ接客が苦手なのでしょうか?

簡単に言うとアパレルの接客は飲食などと違って、やや特徴があります。製品を売らなければなりませんのでスタッフも必死ですし、中にはノルマを達成できなければ給与から天引きされるところもあるようです。しかしそんなことは顧客である私たちに関係ありませんし、不愉快な接客をしなければ何度でも足を運ぶのにとおもってしまいます。

ここではそんなアパレルの接客にクローズアップしています。また新人に見られる不愉快な接客の特徴や背景を説明しているので、どのような気持ちでこのような接客に至ったのかを理解することができます。

アパレルで働く新人というのは年齢層が低く、学生からそのままバイトの延長で仕事をしているという方もいるでしょう。
そんな環境の中で、しっかりと研修をすることで劇的に接客が変わることはご存知でしょうか?その研修内容はもちろんのこと、実際に研修を導入したあとの変化や店舗の売り上げについて紹介しています。自分の売り上げに伸び悩んでいるアパレル店員はもちろんのこと、売上を伸ばしたいと考えるオーナーにも役立つ情報を公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。
またどのようなマインドであるか知ることで、接客に対する態度が軟化するかもしれません。

研修で変わる!新人が変わる!

顧客をイライラさせてしまう接客スタイルをしていた店員が、研修を受けることで劇的に変化することがあります。 何もわからない新人だからこそ、知識を吸収するチャンスですしただ製品を売るのではなく、アパレルに対する知識を学ぶことで様々なケースに応用できます。

新人研修後の感想やレポート

新人を研修に出した企業が送る、研修後の感想や売り上げについてのレポートを公開しています。 今回は新人のみの短期研修でしたが、ゆくゆくはアパレルで働くスタッフ全員に受けさせることで気持ちの良い接客、そして店舗の売り上げをアップさせることができるかも知れません。