劇的に改善!あの新人スタッフが美しい対応を!

>

誰もが頷くアパレルのちょっと不愉快な対応について

当たり前のことをいうのは失礼

気になる製品を見ているときに背後から「あちらで試着可能ですよ。」といわれたら、アナタはどうおもいますか?大半の方は「だから試着室があるのだろう。」「当たり前だ。」とおもうでしょう。他にも「何か探していますか?」「これシーズンものです。」と見てわかるような当たり前のことを言われると、どうしてもイライラしてしまうものです。
しかしこれは新人ながら、顧客へアクションをしなければならないという「第一声」なのです。新人だからうまく話しかけることができないので、ちぐはぐになってしまったり当たり前のことをいったりしてしまうのです。
とはいっても顧客に失礼ですし、そこから接客や話が膨らむことはほぼありません。まさに顧客に不快感を与えるだけの接客なのです。

お客様に合わせた話し方ができない

製品について質問をしたときに、自分が求めている答えが得られずに顧客をイライラさせてしまうことがあります。さらに話が続かないことにスタッフが焦り、そのまま突拍子もないことを話したりすることもあります。
特に「私も買いました。」「流行っていますよね。」といった顧客からすると不要な情報をいうことで、さらに心情が悪くなることもあります。
あってはならないことですが、まだ学生気分が抜けていないスタッフに関してはうまく敬語を使うことができないこともあります。

これらの特徴は新人スタッフの多くに見られるのですが、研修の少なさが原因だといわれています。製品を売るための基礎知識が欠落しているため、新人が考えた末の苦肉の策だということです。


この記事をシェアする