劇的に改善!あの新人スタッフが美しい対応を!

>

研修で変わる!新人が変わる!

まずはファッションを知ること

多くの新人スタッフが店舗に配属されてから覚えるスキルは、店舗のルール・服の畳み方・レジ打ち・セールストークといわれています。これではアパレルに関しての知識を入れることができませんし、アパレル以前に接客スキルを学べないので冒頭のようなイライラする接客になってしまうのも当然です。
では何から始めればよいのでしょうか。まずファッションとは何か?から知る必要があります。単にトレンドの情報ではなく、素材の意味や名称、そして手入れ方法といったファッション情報が必要です。
またファッションジャンルについても偏ることなく知識を得ることで、顧客のニーズに合わせた対応ができるのです。テンプレートになりつつあるセールストークよりも、ファッションの基礎を学ぶことでメリットが多くあります。

接客スキルで店舗の評判が決まる

当然のことながら、接客スキルの低い店舗で買い物をしようとはおもいません。特にアパレルはじっくり製品を選びたい方、または自分の欲しいアイテムを見つけてすぐに撤収したい方と様々です。それを見極めるためにも接客スキルを磨く必要性があります。
確かに新人の頃は、顧客にどう話しかけてよいのかわかりませんし、顧客の雰囲気や年齢に合わせた対応が難しいケースもあります。だからこそしっかりと基礎を学ぶことで不快感与えませんし、接客スキルはどんな仕事でも応用が効くので後々自分に返ってきてくれます。

またアパレルというのは品揃えだけではなく、対人での接客が必要になるので接客スキルで店舗の評判が決まるといえます。この2点をメインに研修をするとよいですね。


この記事をシェアする